古地図で巡る消えた競馬場4

市川競馬場
昭和7年発行 2万5千分の1 船橋
画像


市川競馬場は昭和6年から14年まで開催されている。千葉県畜産組合連合会が運営母体で東葛飾郡行徳町に開設した。当時一県三カ所の競馬場までとなっていた為、香取郡の九美上競馬場の権利を買い取り昭和6年に開設している。人気のあった競馬場も昭和14年には軍馬資源保護法が施行され、廃止となった。その後陸軍高射砲陣地となり、跡地は現在、住宅地や大洲防災公園となっている。

江戸川土手から競馬場跡を望む
画像

大洲防災公園
画像


柏競馬場
昭和5年発行 2万5千分の1 流山
画像


柏競馬場は1928年に開設され1952年に閉鎖されている。跡地は豊四季台団地となっており、かつての面影は何も残っていない。柏競馬場の名は船橋競馬場で行われる「かしわ記念」として残っている。戦後、柏競馬場は1949年に千葉県営競馬として再開されたが交通の便の悪さや競輪との競合で売り上げは振るわず1950年が最後の開催となり、1952年船橋競馬場へ移転となり、廃止された。

競馬場跡西側
画像

競馬場跡北東側
画像


松戸競馬場
大正8年発行 2万5千分の1 松戸
画像


松戸競馬場は明治38年に開場している。始め総武競馬会と称したが後に松戸競馬倶楽部と改称した。大正8年には中山競馬場へと移転し、閉鎖している。その後ここは陸軍工兵学校となった。松戸中央公園の門は工兵学校当時のものである。現在敷地は前述の松戸中央公園や聖徳大学、裁判所支部となっている。松戸競馬場のコースがかくも変形走路となっているのは当時、競馬開催の条件として一哩以上の馬場を設備する事が条件付けられていた為であり、地形の制約からこのようなコースとなってしまったのである。

松戸中央公園の門
画像

聖徳大学
画像


洲崎競馬場
昭和6年発行 1万の1 洲崎
画像


洲崎競馬場(江東競馬場)は昭和2年~3年の短期間存在した。写真は競馬場が有ったと思われる江東運転免許試験場の南側付近である。

洲崎競馬場跡付近
画像

旧洲崎球場
画像
なお運転免許試験場の東側は洲崎球場があったところである。昭和11年日本で6番目に結成されたプロ野球チーム「大東京軍」の本拠地だった。昭和11年(1936)巨人とタイガース(現在の阪神)による初のプロ野球日本一決定戦(3連戦)が開催され、沢村栄治投手擁する巨人が初代王座を獲得した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック