テーマ:沖縄

ペリー

ペリー提督はアメリカの海軍軍人で1853年7月(嘉永6年6月)日本を開国させようと東インド艦隊を率いて浦賀に来航し大統領の親書を幕府に提出した。翌年江戸湾に再び来航し横浜で日米和親条約を結んだ事は良く知られているが浦賀に来る前に実は沖縄にも立ち寄っている。那覇市の小禄にはペリーと言い慣わしている地域が今でも残っている。始めて沖縄に行った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョンマンビーチ

沖縄南部にジョンマンビーチというちょっと毛色の変わった名の海岸がある。手持ちの地図で探してみたがそんな名のビーチはどこにもでていない。インターネットで検索するとダイビングのスポットとして有名らしく沢山出てくる。正式名称は大渡海岸と言うらしい。このジョンマンとは幕末期に漂流者として有名なジョン万次郎の事である。彼が帰国のため上陸した場所が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄 蚊の始まり

沖縄にはとても変わった名の坂がある。その名はガジャンビラと言う。ガジャンは「蚊」を意味しビラは「坂」を意味する方言である。ガジャン坂、直訳すれば蚊坂である。場所は那覇の小禄から豊見城村に行く坂で小禄のがじゃんびら公園内かその付近の坂と思われる。この坂の名前には言い伝えがある。昔、沖縄から中国へ行った人が中国でブンブンと歌を歌う珍しい虫を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄 昔のトイレ

水洗トイレ以前の旧式トイレは沖縄、本土共になかなか見ることも体験することも出来なくなってきている。和式のトイレの場合は山の奥のキャンプ場などにわずかに残っている。琉式のトイレは離島などでも水洗化が進み、現在でも残っているのか確認していないので分からない。私は70年代の初め、北大東島の農家に滞在した時に、使ったのみでその後、残念ながら見て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火の神 ヒヌカン

沖縄でも本土でも台所やかまどの近くに火の神を奉る風習は同じである。もっとも沖縄で火の神の存在を知ったのは、つい最近である。その家の主が亡くなり代が代わる時に、火の神も新しいものと変える習慣を見た時に初めて火の神の存在を知った。沖縄の言葉ではヒヌカンという。生活スタイルの変わった今の時代ではもう廃れてしまった風習であるが、沖縄の離島伊是名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石敢當を川崎で見つける

石敢當沖縄の街には石敢當が溢れている。本当に何処にでもある感じである。探し出すのに苦労はいらない。石敢當とは何であるか説明すると、中国から伝わった風習で丁字路や三叉路の壁に置かれているもので魔よけとしての意味がある。何でも魔物は曲がる事が出来ず突き当たりから家に入ってくるという。そこでそれを封じるためにこの石が置かれるのである。石敢當・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄のむかしみち (祟元寺橋から渡地まで)

今の長虹堤大正10年発行の2万5千分の1の地形図 A 旧安里橋から続く道である(自販機のうしろ)。祟元寺橋は手前の道の右側にある。 長虹堤跡の道。突き当たりが祟元寺橋。 B 現在の長虹堤を歩いてみる。ここがかつて海中道路であったとは信じられないほど何も残っていない、ごく普通の道路である。唯一名残りを見せるものが民話「七ツ墓」に登場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

那覇 泉崎橋

石造りの旧泉崎橋は旧孔子廟前に有ったと言われている。現在の泉崎橋の位置とは違い商工会議所隣りの孔子像の前当たりの位置に相当する。久茂地川も戦後の河川改修で変化しておりこの辺りではやや泉崎寄りを流れていたようである。長虹堤につながる旧孔子廟前の道は久茂地川の下になっている。この橋は琉球八景の「泉崎夜月」としても描かれておりここでは葛飾北斎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

識名園

識名園は18世紀末に琉球王家の別邸としてつくられ、首里城の南にあることから南苑とも呼ばれた。中国からの冊封使の接待にも使用された。敷地は7000坪にも及び園内には池が配され池の周りを巡る「回遊式庭園」となっている。昭和16年(1941)に国の名勝に指定されたが先の大戦により壊滅的な破壊を受けた。昭和50年(1975)から整備が進められ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辻の通り

昔の辻の通りには辻三大路の後道(クシミチ)、中道(ナカミチ)、端道(ハタミチ)などが有り、この三大路をスージと呼ばれる15の小路が碁盤の目のように結んでいた。北から後道、中道、端道と交差する順番で紹介すると最初は天使館(テーシクヮン)小路、火車(ヒーグルマ)小路、悌梧木(デイゴギー)小路。二番目のスージはグーヤーヌチビ小路、定規…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄そば むかし地図

沖縄そば 沖縄そばの歴史は支那そばの伝来と共に始まったようである。それが沖縄独自の発展をとげ、今日の沖縄そばになったのである。沖縄そばがまだ支那そばと呼ばれていた頃の店を大正8年の地形図に載せてみた。 大正8年測図 2.5万分の1 地形図から 始めて那覇に出来た店は福永義一氏の「支那そばや」であった。大阪から清国人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むかし那覇2

那覇 薩摩藩在番奉行所 薩摩藩在番奉行所跡の史跡碑 大正9年までの沖縄県庁 解説文より 在番仮屋(ざいばんカイヤ)、大仮屋(ウフカイヤ)ともいう。 1609年の島津侵入の後、薩摩藩が出先機関として1628年に設置した。以来1872年までの250年間、薩摩藩による琉球支配の拠点となった。在番奉行や附役(つけやく)など約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むかし那覇

那覇 久米大門 久米村(くにんだ)には14世紀後半から中国・福建から移り住んだ人達が定住していた。その久米村の入り口に建てられたのが久米大門(うふじょう)である。久米大道(現在の久米大通り)の北西側である反対側には西武門(にしんじょう)があった。西武門交番や西武門ビルにその名を残している。大門(うふじょう)の名もビル名として泉崎ロータ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄軌道

与那原から泡瀬までの沖縄軌道は最初与那原から小那覇までが人車軌道として1914年11月に開通した。翌年の1915年2月には津覇まで軌道は延ばされ沖縄馬車軌道となった。泡瀬まで開通したのは資料が無いため時期は不明であるが1922年の旧版地図には泡瀬まで記入されている。与那原から泡瀬まで開通し社名は沖縄軌道となった。人車軌道とは人が客車を押…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

糸満馬車軌道

糸満馬車軌道 沖縄の旧版地図の古い物を国土地理院の図歴で探してみたところ大正10年発行の5万分の1の地形図[糸満](大正8年測図)が最も古いようである。この地形図を眺めてみると馬車軌道の文字が記されている。糸満馬車軌道がこれに該当するようである。ルートを辿って行くと垣花から糸満まで現在の国道331号線とほぼ同じ経路である。ただ、基点の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄県営鉄道 糸満線

沖縄県営鉄道 糸満線地図 茶色のラインが糸満線 津嘉山駅北側の汽車道、この先の左側に津嘉山駅があった。 津嘉山駅 車の後側辺りの砂糖キビ畑が津嘉山駅跡。 山川駅 山川橋手前に公園がある。軽便鉄道山川駅の説明板もあり、ここが山川駅跡かと思ったが実際の跡地はこの公園から50m西側にあったと説明板から知る。駅跡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄県営鉄道 嘉手納線

沖縄県営鉄道 嘉手納線地図 青のラインが嘉手納線 那覇駅 那覇駅は与那原線開業の大正3年(1914)に開設されており、現在はバスターミナルとなっている。 嘉手納線は2番ホームから出発した。 西側から見た初期の那覇駅 古波蔵駅 大正11年(1922)の嘉手納線開業時に与那原線との分岐駅として開設された。駅の北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄県営鉄道与那原線

沖縄県営鉄道与那原線経路 沖縄県営鉄道与那原線は1914年(大正3)那覇と与那原間9.4㎞が開通した。そして那覇と港の桟橋を結ぶ海陸連絡線が1917年(大正6)に出来ている。この鉄道は軽便鉄道と呼ばれるレール幅の狭いものであった。 下図は大正12年発行のもので陸地測量部の5万分の1「那覇」「与那原」である。この中の与那原線の部分を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄電気軌道(戦前の路面電車)

沖縄電気軌道→沖縄電気 大正3年~昭和8年 戦前の那覇には鉄道があり、崇元寺から首里を経て与那原まで通っていたと聞いた事があり、長らく私はそう信じこんでいた。首里から与那原は山越えのルートであり、少しおかしいと感じていたが特に調べる事も無く時が過ぎ去っていった。最近になり、この時の話を思い出し調べてみるとかなり違っている事が分かった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄電気軌道の今昔

通堂 路面電車の始発駅であった通堂付近の現在である。那覇埠頭船客待合所のあるビルの前にあたる。ここから電車は東に進むのであるが現在の港前の通りとは方向がやや違っており、金城キク商会のある四つ角まで直進していたようである。 沖縄電気軌道の起点は県営鉄道那覇駅からの引き込み線に沿って走り通堂橋のたもとが首里行きの乗り場であった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄の馬場一覧

琉球の馬場一覧 沖縄の馬場 地図 北部 板敷道    大宜味村 兼久仲道馬場 大宜味村塩屋 大宜味電話交換所南側 仲原馬場   今帰仁 今帰仁小学校前 親泊馬場   今帰仁 今泊 天底馬場   今帰仁 天底 天底小西隣 天底公民館裏 馬場(有馬原) 本部町具志堅 座覇商店の東側 松田馬場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄の馬場5

 豊見城の馬場 翁長馬場 沖縄県豊見城市翁長にある翁長馬場跡は現在「翁長共同利用施設」となっている。馬場跡の広場は恐らく当時そのままと思われる。翁長は大渡海岸に上陸したジョン万次郎 (万次郎へのみち へ)が半年の間一時留め置かれた場所である。これを記念してここには記念碑が建てられている。残念ながら馬場跡の碑は無い。 翁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄の馬場4

琉球競馬  沖縄県内には戦前200近くの馬場があったといわれている。ここでは那覇以外の馬場を紹介しようと思う。琉球競馬は農村の娯楽として戦前まで沖縄各地で行われていた。馬場としての使命を終えてしまったが農村公園、馬場公園、児童公園、公民館の広場、道路、駐車場、学校の校庭などに姿を変えている。競馬開催の時期は地域によって色々とあった様で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄の馬場3

平良真地 首里から浦添に向かう宿道を「大名界隈歴史マップ」の看板のある四つ角で北西に方角を変え、やや曲がった道を進むと急に広い東西の直線の道に出会う。テーラ馬場(ウマイー)と呼ばれる平良真地である。ここは王府直轄の馬場で全長2.55町(約278m) 幅10間(約18m)の大きさがある。平良真地は1695年尚貞王によって開場されている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄の馬場2

古波蔵馬場 馬場は城岳小学校前にあり、通りは「城岳馬場通り」という。18世紀後半作成の「琉球惣絵図」に載っており、王朝時代に開場している。ガジュマル脇にある馬の石像は実物大であると説明があるが信じられない位小さい物である。当時の在来馬は現在の馬に比べると小さかったのは分かるが本当にこの大きさであったのだろうか。これに人が乗れるのか疑っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄の馬場

琉球競馬 琉球競馬とは近代競馬とは異なり速さだけではなく、馬の姿勢の美しさを競うものであったと言う。小型の沖縄在来馬を用いて直線走路を2頭が競う方式であった。右前脚と右後脚、左前脚と左後脚を同時に動かす「側対歩」で移動しながら速さと美しさを競ったのであった。スケートで例えるとスピードスケートとフィギャーの違いであろうか。そんな琉球競馬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more