テーマ:江戸

古地図で巡る江戸の馬場3

十番馬場 江戸切絵図 享保14年(1729 )芝にあった馬場が一の橋に移転し十番馬場ができた。仙台駒の市も開かれ馬方の宿や茶屋ができ、また麻布山善福寺の門前町として発展し大いにこの付近は賑わった。明治になると十番馬場は廃止された。 十番馬場跡付近 十番馬場のあった場所は現在東麻布となっており、麻布十番は一の橋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古地図で巡る江戸の馬場2

堀田原馬場 江戸切絵図 江戸の頃、勧進大相撲が行われた蔵前八幡の西側の浅草堀田原にこの馬場はあった。切り絵図では八幡宮となっている、現在の蔵前神社の裏手に当たる場所である。北側には切り絵図にある榧寺がある。現在の住所で言うと蔵前3-15及び19、寿3-5付近が相当すると思う。 堀田原馬場跡付近 蔵前神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古地図で巡る江戸の馬場

江戸の町には市中のあちらこちらに馬場が設けられている。切り絵図をみると緑色で識別されている。今は当時の面影は全くなくビルや住宅になっている。武士の馬術の練習場であった馬場跡を紹介してみます。 御用明地騎射馬場 三番町馬場 江戸切絵図 江戸時代には火除地や御用明地騎射馬場として使用されていた。また三番町にあったことから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more