沖縄 昔のトイレ

水洗トイレ以前の旧式トイレは沖縄、本土共になかなか見ることも体験することも出来なくなってきている。和式のトイレの場合は山の奥のキャンプ場などにわずかに残っている。琉式のトイレは離島などでも水洗化が進み、現在でも残っているのか確認していないので分からない。私は70年代の初め、北大東島の農家に滞在した時に、使ったのみでその後、残念ながら見ていない。写真の琉式トイレは屋内に付いているタイプであるが、一般庶民のトイレは屋外にあったものと想像される。私が実際に体験したトイレは屋外で、板敷きではなく床もスロープもコンクリートで出来た物だった。琉式トイレの特徴は、キンカクシはなく、便槽は真下ではなく斜め後方に位置している。その為便器直下は空間では無く、便槽までスロープ状になってつながっている。
ここで琉式トイレといっているのは私が勝手に言っているのであり、もしかしたら南九州などにも有るのかも知れない。

識名園で見た琉球古式トイレ

上の写真の拡大した物
中はスロープになっており便槽は真下にはない


昔の和式トイレ

昔の田舎のトイレ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント