沖縄の馬場

琉球競馬
琉球競馬とは近代競馬とは異なり速さだけではなく、馬の姿勢の美しさを競うものであったと言う。小型の沖縄在来馬を用いて直線走路を2頭が競う方式であった。右前脚と右後脚、左前脚と左後脚を同時に動かす「側対歩」で移動しながら速さと美しさを競ったのであった。スケートで例えるとスピードスケートとフィギャーの違いであろうか。そんな琉球競馬が行われた馬場跡が現在はどの様になっているか紹介したい思う。馬場の雰囲気を残しているものは今帰仁村越地の仲原馬場ぐらいで大半は道路や公園になったりして、直線の広場だけがわずかに面影を留めている所もあるが、宅地や畑、原野となり痕跡がまったく無い馬場跡も多いのである。
画像



那覇潟原馬場
潮渡川の南側の潟原(カタバル、干潟のこと)で走路は南北に延びていた。潟原入り口には潟原市場(マチグァ)があった。近世には旧暦5月4日の那覇ハリーの後に競馬が開催された。王府の「年中礼式(ねんちゅうれいしき)」には、正月下旬に那覇の潟原(かたばる)と識名馬場において諸人の馬乗りが行われると記されている。明治22年にはこの潟原で那覇、島尻連合運動会実施されている。明治後期になると紀元節2月11日の競馬や5月17日の波の上宮例祭で競馬が行われていた。各地の大会で勝った馬は、島尻郡の大会や那覇の潟原で年に一回行われた全県大会に出場していた。大正7年前後潟原の競馬は幕を閉じ、平良真地へ移っている。現在ここは若松卸問屋街の一画となり、当時を思わすものは何も残っていない。

那覇市松山付近  潟原馬場 赤のラインは戦前あった道  グーグルマップより
画像

琉球貿易図屏風部分 潟原馬場
画像


昭和始め頃の那覇潟原
画像


親見世之前馬場
親見世之前は往古の馬場であったと言う。この通りは薩摩の在番奉行所があった事から仮屋ヌ前通りと呼ばれた。時代を下ると仮屋は県庁と変わり、通りも県庁前通りとなった。奉行所の前は「道ぬ美らさや仮屋ぬ前(ミチぬチュらさやカイヤぬメー)」と唄われ、那覇四町(なはユマチ)の大綱引もこの通りで行われた。

旧 仮屋ヌ前通り
画像


薩摩藩在番奉行所跡 仮屋 那覇市西1-2-16
画像


親見世
琉球王国時代の那覇の役所跡。 15世紀半ばの朝鮮国の書物『海東諸国紀(かいとうしょこくき)』の中に「琉球国図(りゅうきゅうこくず)」が記されており、その中の「国庫(こっこ)」は親見世を指すとされ、創設はそれ以前と考えられている。もとは、首里王府が海外貿易で得た貨物を販売する「御店(おみせ)」だったとされる。1609年の島津侵攻の際に、降伏会議はここで開かれた。楼門(ろうもん)造りの門前の通りは、港に続く東・西両村を分ける道であり、門前の横には大市(ウフマチ)(市場)が広がる那覇の中心地であった。 1638年に上位機関の那覇里主所(なはさとぬしじょ)が設置されると、もっぱら那覇四町(なはユマチ)(東村(ひがしむら)・西村(にしむら)・泉崎村(いずみざきむら)・若狭町村(わかさまちむら))の民政を担当した。琉球処分時には大屋子(うふやく)、筆者(ひっしゃ)など10数人が常勤していた。1876年に熊本鎮台沖縄分遣隊営所(くまもとちんだいおきなわぶんけんたいえいじょ)となり、1884年(明治17)から1915年(大正4)まで那覇警察署、その後は山形屋(やまがたや)百貨店となった。    解説文より

見世の前 山形屋(昭和始め)  那覇市東町23-1
画像


琉球の馬場一覧 地図

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック