古地図で巡る消えた競馬場2

上野不忍池競馬場
参謀本部陸軍部測量局 5千分の1
東京府武蔵国本郷区本郷元富士町近傍
東京府武蔵国下谷区上野公園地及車坂町近傍
画像

上野不忍池競馬場は明治17年に戸山学校競馬場が移転して来たものである。交通不便な戸山から移り集客アップをねらったが明治25年経営難のため、解散している。

不忍池の周回コース 白い柵が見えている。
画像

現在の弁天堂前
画像

不忍池競馬場馬見所
画像


戸山学校競馬場
明治13年11月発行 2万分の1 迅速測図
東京府武蔵国南豊島郡大久保村
画像

戸山学校競馬場は明治12年(1879年)から明治17年まで存続した。戸山学校に競馬場が設置されたのは前米大統領グランド将軍の来日歓迎行事として競馬を開催するためであった。この競馬大会には明治天皇も行幸し、盛大におこなわれた。この時、運営会社の共同競馬会が設立され、近代的競馬規則も定められた。

下図は古地図にピンクの現在の地図を重ね会わせたものである。
これから見ると、競馬場は現在の早大理工学部の敷地と重なるようである。
画像

現在の戸山公園東側の入り口。この付近奥が北側の直線部分の走路に当たるのであろうか。
画像


招魂社競馬場
参謀本部陸軍部測量局 明治20年出版 5千分の1 「東京中部」
画像

招魂社競馬場は明治3年(1870)から明治31年(1898)まで招魂社の境内の馬場で奉納競馬として春秋の例大祭に競馬が行われた。これが、日本人による国内初の洋式競馬である。招魂社とは現在の靖国神社のことである。競馬場は参道の両脇に柵を巡らしその端を結ぶ楕円形の一周900m(500間)のコースであった。この競馬は当初兵部省の主催で実施されていたが明治5年に兵部省が廃止されるとその後を引き継いだ陸軍省が実施している。競馬場としては明治34年に廃止された。

靖国神社参道
画像

靖国神社
画像


吹上御苑の競馬場
参謀本部陸軍部測量局 5千分の1 
東京府武蔵国麹町区代官町及一番町近傍
東京府武蔵国麹町区皇城及永田町近傍
画像

皇居内の吹上御苑の競馬は明治8年(1875)から明治17年(1884)まで続けられた。明治天皇はかなりの競馬好きだったと思われ、よく競馬の観戦を楽しんだようである。競技としての西洋式競馬は当時社交の場であり、近代化を急ぐ明治期の屋外の鹿鳴館として機能したようである。そんな背景もあり皇居内に競馬場が設けられたのであろうか。競馬場も不平等条約改正に一役買ったと思うと面白くなってしまう。当時外国人中心の根岸競馬を除くと競馬は賭の対象ではなく、もっぱら観戦が主であった。

半蔵濠
画像

半蔵門
画像


目黒競馬場跡
昭和6年発行 2万5千分の1 東京西南部
画像

目黒競馬場跡には競馬場外周の曲線部分が現在でも残っている。上の地図の赤いラインの部分が外周跡の名残である。。目黒競馬場は1907年(明治40年)12月日本競馬会により開設されている。1932年(昭和7年)には第一回日本ダービーが開催されている。1933年(昭和8年)には府中の東京競馬場へ移転している。競馬場北側の交差点名やバス停に元競馬場の名があり、馬のモニメントがある記念碑が設置されている。他に競馬場の名残としてはコース中央あたりを横切る南北を通る「元競馬場通り」がある。

競馬場外周の曲線部
画像

競馬場名残の交差点名
画像

記念碑
画像


古地図で巡る消えた競馬場 へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック