古地図で巡る消えた競馬場

地図で見る競馬場は白色部分が多くその楕円形の形からすぐ識別することができる。自然の地形を写した地図の中にかなり大きな人工物である競馬場があると、なぜか興味を引かれてしまうものである。現在はなくなってしまった競馬場を古い地図から探して紹介したいと思います。

三田育種場興農競馬場
参謀本部陸軍部測量局 5千分の1
東京府武蔵国芝区芝公園公園地近傍
画像


港区芝3丁目は薩摩藩上屋敷があった場所である。明治10年その跡地に三田勧業局育種場が設置された。その開設を祝う競馬がここで行われた。明治12年には一周1200mの正式な競馬場が完成した。その翌年には興農競馬会社が設立された。春秋2回の定期的な競馬が開催された。明治23年まで存続した。
江戸切絵図で当地をみてみると、松平修理大夫と書かれ○に十字の紋所がしっかりと描かれている。島津家は公式な文章では、松平薩摩守とか松平修理大夫と記している。日本電気本社ビル前には薩摩屋敷跡の碑が建てられている。

東京都港区芝3丁目付近
画像


日本電気本社ビル前
画像


池上競馬場
大正14年発行 2万5千分の1 川崎
画像


池上競馬場は明治39年~明治43年にかけて東京競馬会が運営していた。。明治43年には、東京競馬会(池上)、京浜競馬倶楽部(川崎)、日本競馬会(目黒)、東京ジョッケー倶楽部(板橋)の4団体が合併し東京競馬倶楽部が設立され本拠地は目黒競馬場となり池上競馬場は廃止された。
上の地図は大正14年のものであるが競馬場の痕跡がまだ残っている。池上線は当時文字通り池上止まりとなっている。池上本門寺は駅の北側に位置している。この地図を初めて見た時多摩川の流路の変遷で出来た池か沼の跡かと勝手に想像していたがまるで違っていた。競馬場であったとは驚きである。

池上競馬場跡付近 (徳持小学校前)
画像


池上本門寺
画像


千住競馬場
明治43年発行 1万分の1 三河島
画像


千住仲組の緑町ではいわゆるヤミの草競馬が行われていた。明治39年(1906年)馬券を発売する競馬を開催したが千住警察署長は馬券は賭博にあたると発売を禁止する措置をとり、レースを中止させてしまった。以後明治41年(1908年)正式に馬券発売は禁止となった。
地図では輪士會競走場となっており自転車倶楽部の競走場であるが競馬はここで開催されいたのではないかと想像している。場所は千住神社(古地図では氷川社)の西側の千住緑町三丁目に相当する。

千住緑町三丁目
画像


千住神社
画像


板橋競馬場
明治43年発行 1万分の1 王子
画像


板橋競馬場は東京ジョッケー倶楽部が明治40年(1907年)認可を受け運営した。明治43年目黒競馬場へ他の競馬場と共に統合されている。当時馬券は一枚十円で庶民には手が届きにくい高価なものであった。

競馬場東南部に当たる氷川図書館前のものである。道路右側が競馬場跡
画像

豊島病院。豊島病院は競馬場の敷地内の一角に出来ている。
画像


川崎競馬場
大正14年発行 2万5千分の1 川崎
画像


京浜競馬倶楽部は明治39年9月に板垣退助を中心に設立され、翌年の明治40年7月に川崎競馬場で競馬が開催された。明治43年には他の3団体と合併し、東京競馬倶楽部が設立され目黒競馬場へ移っている。廃止された川崎競馬場はその後、富士紡績川崎工場となった。地図は残念ながら競馬場時代のものは無く、紡績工場の時のものである。

川崎競馬場
画像


琉舞
画像
川崎歴史ガイドより
大正の始め、競馬場の跡地に東洋一の紡績工場を建て、川崎の工業都市化を決定づけた富士紡績。女工2000人。沖縄出身者も多く、沖縄芸能が川崎に根付いた。戦後、跡地は再び競馬場に。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック